ring+

コンセプト

機能美を追求したシンプルなデザインリング

ホイッスル + ring = ring+

コンセプト

特徴/使用方法

「親指」と「人差し指」でリング両サイドを完全にふさぐことで音を鳴らすことができるため、指の大きさやバランスから通常使用するリングとしては「小指サイズ」をオススメしています。
また、ペンダントヘッドとして使用していただくこともできます。

ring+の使用例

  • 災害などにより閉じ込められてしまい、助けを呼ぶ時に!
  • 事件や事故現場に遭遇し、人を呼んだり交通整理をする時に!
  • 空き地でサッカーをする子ども達に、突然「レフリー」を頼まれた時に!

・・・そして、愛する人を守ってくれるよう、恋人へのギフトに!

ring+ ホイッスルとして使用時

  • 「親指」と「人差し指」で穴を完全にふさぐことで鳴らすことができます。
  • この時にリングの穴が隙間なくふさがれていないと音が鳴りません。
  • いざというときに鳴らせるように練習しておきましょう。
  • 大きな音で鳴りますので、鳴らす場合は人の耳の近くでは鳴らさないでください。
  • 特に子どもやお年寄りの方には十分ご注意ください。
特徴/使用方法
特徴/使用方法
特徴/使用方法
特徴/使用方法

パッケージ

引き出しタイプのギフトボックスに、リングと五カ国語(日本語・英語・ドイツ語・フランス語・スペイン語)に翻訳された取扱説明書が入った状態のパッケージです。

パッケージ(GIFT)

仕様

商品名 ring+(リングプラス)
型番 g-rs0105~g-rs0117
価格 16,200円(税込)
素材 シルバーSV925 艶消し加工(シルバーつや消し)
リングサイズ 5号 / 7号 / 9号 / 11号 / 13号 / 15号 / 17号
7サイズ用意
音量 約120db/10㎝
装飾 ホイッスルの吹口にブランドロゴ、
リング内側にはウェブアドレスが刻印されています。
デザイナー gokoro.
製造
購入はこちら
仕様

ring+ができるまで

ring+は滋賀県の琵琶湖湖畔にあるアクセサリー工房で制作されています。
私たちgokoro.の想いを、ひとつひとつ丁寧に形にしてくれます。

ring+ができるまで
ring+ができるまで
ring+ができるまで
ring+ができるまで

開発ストーリー

2011年秋、まだ東日本大震災の影響で余震が続いている中、Toyクリエイター野出が職員研修の講師をしている会津若松の保育園で講義中、突然このring+のアイディアは降りてきた。
最初の試作品「工作用紙とストロー」で実験成功し、次に「アクリルとアルミ」で第2弾の試作も成功、ここでアクセサリー制作専門の工房に「プラスチック製」のリングを制作してもらい最終確認に成功!ここからデザイナーの野口がブランド名、ブランドロゴ、リングデザインやパッケージデザインに参戦。二人で機能美を追求した結果、1年越しで現在のシルバー素材となるring+は完成した。

開発ストーリー

gokoroのページトップへ